大分県でのお墓の工事、リフォームのことなら墓石専門 石のみうらへ

x"有限会社

住所:大分県大分市中戸次6083-2
【対応エリア】大分県全域、福岡県、佐賀県など九州地方

TEL:097-597-1112 メール見積もり・お問い合わせはこちら

お墓じまいの記事

お墓の建て替えをします

お墓の建て替えお墓工事お墓じまい納骨

古くなったお墓を整理して、ここに新しいお墓を建てます

違う場所にも、この様に古いお墓があるのですが、それもこちらに移します

古いお墓だけでも9基あります

ご先祖様の場所がきれいに整備できるから大安心です。

これから完成までを載せていきます。

墓じまいの、寂しさ!

お墓じまい納骨

今日もお墓を処分したいのですが!と言う問い合わせがありました

お墓を作る側の人間にしてみれば、とても悲しい事です

家族が二人しかいない、後継者がいない、娘しかいない、など理由は様々です

これからは、もっともっと増えて行くと考えますが、私ら石屋さんは、これからも

お墓のある意味をいろんな方に語り継いで行かなければなりません

お墓の意味とは?

お墓じまいをします。

お墓のリフォームお墓じまい

 

 

これから、お墓じまいの作業をします

お墓を解体するのは いつもの事なのですが、やっかいなのはこのお墓の向こうに 大きな大木があります

たかさ17m、横巾も同じくらいの大木です!

この木を切るのが 大仕事です

次はこの木を切る作業の報告をします お楽しみに!

お墓じまいの時には

お墓の文字・彫刻お墓じまい

お墓じまいの時には この様に必ず彫り込んでいる文字を削ります

それから解体の作業をします

する理由は、いくら魂抜きをしたお墓でも、彫り込んで文字はその家の尊厳ですの そこは大切にしないといけません 粗末な扱いをしてはいけません。

弊社では しっかり丁寧に供養させて頂きますので ご安心してください。

お墓の建て替えをする前に

お墓のリフォームお墓じまい

お墓の建て替えをする前に、」古いお墓の解体をしないといけません

今写っている、古い棹石は、残します 他の部材を解体して処分する事になります

場所が狭いので大変です 気をつけて作業をします。

お墓の修理と墓じまいに行きました

お墓の補修・アフターケアお墓じまい活動・お知らせ

お墓の修理と墓じまいに湯布院に行きました

以前、熊本地震で壊れたお墓です

各パーツが折れたり、大きな欠けなどがあり、修理するのも大変でしたが、何とか本来の形に

戻す事が出来ました もう一つは、墓じまいでした

この墓地にはまだまだ壊れたお墓がいくつもあります どうするのでしょうかね?

また、今回修理でしたが、弊社ではこのようにお墓の修理、大切なお墓の墓じまい、彫り文字など

お墓に関する事は全て承りますので、お気軽にご連絡頂きたいと思います。

料金、金額、値段などお安くするようにしますので、ご安心して下さい。

 

お墓じまいをするにあたり

お墓じまい

お墓じまいをする方が最近増えています

お墓を作る私たちとすれば、少し悲しい気持ちになります

でも、お墓を見るものがいない、遠方過ぎる、あととりがいないなど、無縁墓にするくらいなら、と言う

気持ちで、やむをえずお墓じまいをせざるおえない方がほんとに多くなりました

石のみうらでは、そんなお墓じまいをするにあたり、お施主様と十分に話し合い、お墓のご供養を

きちんと決して粗末に扱わない供養をさせて頂いています

こころを込めながら 作業をさせて頂いていますのでご安心ください。

お墓じまいをするけど!

お墓じまい納骨

これから墓じまいをするのですが、通路がない!この墓地に早く建てたのでしょうね 入り口に向かってお墓が建ち並んでいます どこから出そうか検討中山野中を通るしかないのかな!

時間はかかるが それしかないようです 少しづつですが 頑張ります。

増えている お墓じまい

お墓じまい

ここ最近、とくにお墓じまいなるものが増えています

お墓を作る側として とても心が痛みます

確かに お墓を見る者がいない、お参り出来ない、後がいない、など理由はさまざまです!

そんな中、弊社では これからお墓を守って行くサービスをして行こうと思っています

話がまとまり次第、載せて行きますので お待ち下さい。

お墓の解体をしていると!

お墓のリフォームお墓の補修・アフターケアお墓じまい

お墓の建て替えをするにあたり、古いお墓を解体していると、昔建てられていた 一本墓が、なんと、基礎の土台として 使われているケースが多々あります

当時のお墓屋さんの仕事ですが、これではいけません この様に土台として使うのであれば、お墓に書いている文字を消して使うべきです!なんでも使って良いと言うものではありません

きちんと供養してあげましょう

私のところでは、この文字の書かれてるお墓を持ち帰り、再度お寺さんを呼んで供養させて頂きました 。多分これからもこの様なことが多いでしょうね!

 

ご相談からお墓が出来るまでの流れ お墓づくりの料金の考え方 お墓のリフォームについて 地震対策 たった3年で傾くお墓と10年たってもきれいなお墓 戒名彫刻について お墓展示場 ブログ